自民党のマニフェストと社会保障 | 株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター

自民党のマニフェストと社会保障

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。

 

今日の日経新聞に、自民党の選挙公約の概要が掲載されていました。

 

「実現性重視 無難に」となっていて、育児や医療・介護の財源は先送りになるとのこと。

消費増税が2017年4月に延期されたこともあり、ある意味予想していた部分はあります。

 

しかし、この業界にいる者としては、政策軽視も甚だしい!!

大変残念であります。

 

来年、介護保険制度の大幅改正があり、報酬改定もあり、介護業界は大変革を求められます。

一瞬たりとも看過できない様相です。

 

また、私事ですが、長女を保育園に入れて、妻の「働きたい」という願いをかなえたいのですが、育児政策も先送りに。

 

どうしてくれるんだ!!

これでは、介護職員の処遇改善も、少子高齢化の解消も、女性の社会進出も、かなわないのではないか。

介護職員の処遇改善は、どうやら少しは前進しそうですが・・・

 

社会保障の重要性が大変低いということが、何だか残念でならないのです。

この国は、いったいどこへ向かっていくのでしょうか??

 

「大義なき総選挙」といいますが、これは何としても選挙に行かなくてはなりません。

よくいうのですが、「白票」を投じてもいいのです。

例え小さな1票であっても、1人1人が投票することに、意味がある。

2014年11月26日