11月26日(水)日本経済新聞社会面記事を見て | 株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター

11月26日(水)日本経済新聞社会面記事を見て

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。

 

11月26日(水)の日本経済新聞社会面。

未だ内定が取れない就活生について、選挙に絡めて掲載されました。

1年かけて数十社受けたが、未だ内定がゼロの学生が多いとのこと。

 

この記事の内容を、私は素直に受け止めることはできません。
なぜなら、内定が取れない学生は確かに存在するが、その中身が不明だからです。

高望みをしているから決まらないのか、やりたい仕事にこだわっているから決まらないのか、それとも選り好みせずに受けても決まら

ないのか、その中身がわからないのです。

 

気になったので、厚生労働省のホームページで調べてみました。
古いデータだが、平成23年度の大学生の就職率は、93.6%だったそうです。

 

その後民主党政権から安倍政権に変わり、求人はリーマンショック以前の水準まで改善した(業種はさておき)と言われているわけで、

理論上は選り好みをしなければ、大半の学生は就職が決まるはず。
なのに、なぜ内定が取れないのでしょうか。

 

本当に、自分がやりたい仕事に就ける人は、少ない。
不本意な就職でも、輝ける土壌があるはずです。

 

そう思える風土を作るのは、企業側の責任もあると思います。
もちろん、政治も。

 

また、記事では「ブラック企業」のことが、やたら書かれていました。

 

ブラック企業は、確かにいいはずはありません。
ただ、ブラック企業の定義が、あやふやになっていないでしょうか。
働く側の一方的な都合で、定義づけていないでしょうか。

 

不正はダメだし、人材は大事にしなければなりません。
しかし、ナーバスになり過ぎやしないでしょうか?

 

要は、一方的に企業のせいだけではないということです。

 

そしてがっかりしたのが、「就職が厳しいから、政治に期待しない」「投票しない」という学生が多いという点です。

気持ちは、わからなくもない。
だからといって「投票しない」という理屈は、まったく筋が通りません。
もし、内定が取れない学生で、選挙に行かないという人がいたとしたら、「だから内定取れないんだ」と言ってしまいたい位です。

 

この記事は、なぜ数十社受けても内定が取れないのかの理由が、全く掘り下げられていません。
だから、そういう部分を多少割り引いて、この記事は読まなければならないと思う。でないと、本質を見誤ります。

 

新聞報道は、確かに参考になることがたくさん書かれているが、全面的に信用をすべきでないと思うのです。
その行間、裏の部分まで読むべきでしょう。

 

「政治が悪い」「世の中が悪い」というなら、まずは投票しないと。
もちろん、政治家も頑張ってもらわなくては困ります。
そして、私も・・・

 

もっともっと頑張らなければなりませんね。

2014年11月27日