Jリーグ、2015年度 地域スポーツ振興活動および介護予防事業への支援を決定 | 株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター

Jリーグ、2015年度 地域スポーツ振興活動および介護予防事業への支援を決定

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。

 

昔からサッカーを愛し、今でも辛うじて現役のサッカー審判員をしているのですが、すっかりご無沙汰して

いるのが現状でございます・・・

 

Jクラブでは、近年から地域のスポーツ振興に力を入れ、「ホームタウン活動」として様々な取り組みをして

きました。

 

また、介護予防事業に大変な力を注いでいること、皆さんご存知でしょうか?

 

2015年も、Jリーグが地域スポーツ振興活動、及び介護予防事業を支援することが決まったとのこと。

大変素晴らしい取組みです。

 

Jリーグの理念は、「地域に根差す」こと。

これは、リーグ発足から変わりません。

 

「Jリーグ百年構想」の考え方を、是非ホームページ等で見ていただきたい。

 

・あなたの町に、緑の芝生におおわれた広場やスポーツ施設をつくること。

・サッカーに限らず、あなたがやりたい競技を楽しめるスポーツクラブをつくること。

・「観る」「する」「参加する」。スポーツを通じて世代を超えた触れ合いの場を広げること。

 

あくまで「町」がキーワードだということ。

 

この考え方、来年度からの「日常生活支援総合事業」を推進するヒントにはならないだろうか。

もっと、「地域」を細分化して考えていかなくてはならず、難しいかもしれないが、考え方として

はブレていないと思うのですが、私だけでしょうか??

2015年1月22日