介護保険料 | 株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター

介護保険料

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。



先日の日経新聞夕刊に、介護保険料の全国平均が5千円を上回った地域が7割を超えた、という記事が載っていました。



今年から、第6期介護保険事業計画の1年目がスタートしたわけですが、前期最終年である2014年の全国平均は、4,972円。


保険料自体が全体的に上がるのですから、予想していたこととは言え、ゆゆしき問題です。


今回の介護保険改正では、事業所に対して大きな負担を強いた形になりました。
制度を持続させていくためには、仕方がないと思います。



しかし、もうそれだけでは収まりません。



制度を持続させなければならない。
そのためには、政府も国民に対して、言いたくないことも勇気を出して言っていかなくてはならない。

消費税の増税についても、これを推進しようものなら、国民から反発を食らう。
下手をすれば、議員たちは自分の首を絞めることになってしまう。
だから、耳障りなことは言いたがらない。



でも、もうここまでくると、それは厳しい。
負担は、国民にもお願いせざるを得ない。



「不公平」が問題だと思うのです。



「何で自分ばっかり」「ほかからも取れるでしょう」と言われてしまうと、なかなか進まないと思います。



負担をお願いするところは、する。
しかし、それは不公平なく、自らも律する気持ちがなければ、なかなかコンセンサスは得られない。



この記事を読んで、ただ介護業界が厳しいと言っているだけでは、いけないと思います。

2015年4月20日