在宅療養連携推進 よこすかエチケット集 | 株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター

在宅療養連携推進 よこすかエチケット集

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。

とても面白い試みをしている自治体情報があったので、そのまま掲載致します。

医療・介護現場で働く人たちが、ボランティアでエチケット集の原案を作った=横須賀市提供

 横須賀市は、2011年度に在宅療養連携会議を設立。医師やケアマネジャーら多職種が参加
する研修会を定期的に開き、垣根なく議論できる雰囲気を作ってきた。
そんな中、「顔の見える関係を深めるためには、明文化した取り決めが必要」との声が上がった。


 一般的に、ケアマネやヘルパーら「介護職」は、医師や看護師ら「医療職」に気後れしがちだ。
ケアマネが医師に電話したら、「忙しい」と怒られた、といったケースもある。
医療職の側も「介護職は、医療のことをあまりわかっていない」という不信感から、在宅患者の身
体情報を十分に伝えないこともあるという。結果として、在宅患者や家族が適切なケアを受けられ
なくなってしまう。

エチケット集を手に持つ大友宣医師=横須賀市小矢部の衣笠病院

エチケット集づくりは、昨秋の多職種合同研修会から始まった。医療・介護現場にいる175人
が、小グループに分かれ、「普段感じている他職種への不満」「他職種へ提案したいエチケット」
を出し合った。

病院ソーシャルワーカー「ケアマネから突然、病棟に電話が来て、(退院する)患者の病状を聞か
れ困る」


ケアマネ「どのタイミングで病院に相談していいか、わからないんです」

 こうした本音のやりとりをしながら、「エチケットの種」を抽出。
同会議のメンバーやボランティアで議論を重ね、仕上げた。エチケット集は、「入退院時」「在宅」
など状況別に、23項目にまとめた。

「ケアマネは、医療機関への訪問前にアポイントメントをとりましょう」
「病院スタッフは、退院日のメドを早めにケアマネに知らせましょう」  などとした。


作成の中心になった同会議の大友宣医師(43)は「現場の声を反映することで、多くの人が納得
できるものになった」と話す。25日に盛岡市で開かれる日本在宅医学会で発表する。「在宅療養連
携推進 よこすかエチケット集」は、市のウェブサイト
(http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3120/zaitaku/etiquette.html)
から入手できる。

2015年4月24日