認可保育園の第三者委員 | 株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター

認可保育園の第三者委員

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。


ご縁があってつながった、神奈川県内で来年4月に開園する認可保育園の園長から、びっくりするような
お話をいただきました。


「今度開設する認可保育園の、第三者委員になっていただけませんか」と。


突然のことで、大変驚きました。「ぜひお願いしたい」と。


その時の、率直な気持ちは・・・


ぼくに??
いいの、ぼくで??


でした。


しかし、大変光栄なこと。
恐縮ではありますが、快諾させていただきました。


私は、保育園を実際に運営したこともありませんし、全くの門外漢です。
しかし、私は今まさに子育て真っ最中で、2歳の娘を保育園に通わせている保護者であります。
その認可保育園で園長に就任予定の方から、昨日お聴きしたのが、「保護者目線、園児目線の園にしたい」
という方針でした。


「そんなの当たり前」という方もいるでしょう。

しかし、その当たり前を普通に行うことがいかに大変か、それは私も理解しているつもりです。
その方針に共感し、私にできることがあれば、精一杯お力になりたいと思い、お引き受けいたしました。
保育事業を運営するのは、本当に大変です。


新聞でも、保育に関する問題提起が記事になっています。政府も様々な施策を打ち出そうとしております。
人材不足解消や、供給面での整備等、問題は山積しております。


娘がお世話になっている保育園でも、運営面でのご苦労はあるようです。
人材不足、多様な保護者のニーズ・・・
そのニーズ(?)も、時に過度に及ぶことや、筋の通らないこともあり、辟易とされている部分もあるで
しょう。
それでも、保育士さんが本当に一所懸命に、お仕事に向き合い取り組んでいらっしゃいます。
おかげで、娘の成長を実感することができているわけで、保護者として本当に感謝してもし切れません。


社会保障という意味では、介護も障がいも保育も、すべて同じ括り。
問題の性質は、大変よく似ていると思います。


私は、この「社会保障」の分野と真剣に向き合い、仕事はもちろんのこと、プライベートでもいろいろな取
り組みをしていきたいと思います。

2015年11月27日