株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター | 寺崎芳紀のブログ | ページ 2株式会社アースソリューション |介護相談サポートセンター

HOME > 寺崎芳紀ブログ

認知症ケア研修

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。


日頃お世話になっている介護事業所にて、研修実施のお手伝いを致しました。
テーマは、「認知症ケア研修」
講師は、笑福会会長 尾渡 順子先生です。


私なんかが申し上げるまでもありませんが、介護業界に関わっていらっしゃる方々の間では、相当の有名人。
著書多数。専門誌執筆多数。講演実績多数。全国行脚をされています。


私、3年前まで、旧・介護職員基礎研修の養成学校の仕事をお受けしており、その際に講師をお願いしたことが
ありました。


それはそれは、評判上々。
修了生の方々から、「師匠」とまで呼ばれていらっしゃいました。


あれから3年。


久々の再会に、何だか妙に緊張している自分。
しかし、うれしいですね。


講義は2時間でしたが、気がつくとあっという間に終了。
ご参加された方々、皆さん真剣な表情でお聴きになっていました。
そして、口々に絶賛の声が・・・


クライアントの社長様からも、御礼のメールをいただきました。
皆さん、大変喜んでいらっしゃったと。


お聴きした内容は、ここでは書ききれない位勉強になることばかりだったのですが、その中でも特に感銘を受
けたことは、「ご利用者様のことを最もわかっているのは、医師でも看護師でもなく、介護職なのだ」という
話です。


医療職を前にすると、委縮してしまう介護職の方、多いのではないでしょうか。
しかし、それは違う。
役割が違うだけで、立場は対等なのです。


認知症は、まだまだ医学的にも十分解明し切れていない分野。
誰しもがなりうる。他人事ではない。
認知症になったとしても、安心して暮らせる社会を創るためには、認知症への理解が不可欠である。
改めて学びました。


参加されていた方々は、ケアマネさん、サ責さん、ヘルパーさんが主でしたが、皆さんお話をお聴きになって、
改めて介護に対する自信と誇り、そしていつまでも研鑽を積むことの大切さを学ばれたと思います。


そんな機会を創るお手伝いができて、本当によかった。
尾渡さん、本当にありがとうございました。

第3回定例会写真

2015年11月17日

弊社情報②

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。


日総研出版「真•介護キャリア」最新号に、私が書かせていただいた記事が掲載されました。


うれしいです。
うれしいですが•••


私が存じ上げている方々の中には、こういうメディアにたくさん取り上げられている方が、たくさんいらっしゃいます。
書籍を出版されている方もいらっしゃいます。


しかも、内容が素晴らしく、実に勉強になります。


私なんか、駆け出しです。まだまだです、本当に。


だから、これからも研鑽に励みます。

2015年11月11日

弊社情報①

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。


先日も申し上げましたが、朝日生命保険相互会社様の広報誌「ABCマガジン」に、私が取材を受け、記事が
掲載されました。


ホームページのNEWSリリース欄にも掲示しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2015年11月5日

朝日生命保険相互会社様広報誌「ABCマガジン」にに掲載されました

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。


このたび、朝日生命保険相互会社様の広報誌「ABCマガジン」より取材を受け、最新号に記事が掲載されます。


「経営者が語る『経営の転機』」という特集があり、こちらに掲載されるのです。


取材中、いろいろ熱く語ってしまいました。


しかし、想いは本物です。


近々、弊社ホームページに記事を掲載致しますので、よろしければご覧下さいませ。

2015年10月22日

ケアプランに自己負担

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。


今日の日本経済新聞の1面は、スクープ記事です。


「ケアプランに自己負担導入検討」という記事です。


まあ、前々から言われていることではありますので、別に驚くことでもありません。
「予想はしていたことだが、とうとう現実のものとなりそうだな」という感じです。


これからますます、ケアマネの資質が問われます。


時に漏れ聞く、ケアマネジャーが作成したケアプランのクオリティの低さ・・・
現在は利用者様の自己負担はないわけですが、1割(一部2割)であっても自己負担が発生
すれば、それだけ権利意識が生まれる。


「質の低いケアマネは、使いたくないから交代してほしい」というケースが、今後出てく
るかもしれません。


また、これは難しいとは思いますが、ケアプランを「自己作成」する方も、もしかしたら
出るかもしれない。
もっとも、これは専門家が作成しないと難しいと思いますが・・・


いずれにしても、ケアプランを自己負担してもらうというのは、介護給付費の抑制を図る
意味だけでなく、ケアマネの資質を上げるという意味でも、私はよいことだと考えます。

2015年9月7日